好きなもの

ぶらり気まま旅、其の五。



さて。



ロープウェイ、ケーブルカー、登山電車。



上ってきた時と同じように下った。
登山電車ではまた爆睡 ←
18時前くらいに箱根湯本着。




次に行きたい施設は決まっていて
その施設の選択肢は二つあった。
今回はアクセス便利な方を選択した。
それがこちら。





















箱根湯本駅から送迎バスで5分の温泉。




完全なるノープラン旅だったけど
箱根なら温泉だけは絶対に入ろうねと
行きのロマンスカーで決めていた。




温泉の脱衣場に着いたのが18時15分。
出来れば丸1時間は堪能したい。
温泉から出たら軽く一杯飲みたいね、
なんて話しながら入っていて。



話しながら入っていて ←



帰りのロマンスカーの時間を
決めていなかった。
確認もしていなかった。




19時20分過ぎ。
温泉から上がって髪を乾かす我ら。
先に終わったツレが
ロマンスカーの時間をチェック。
驚愕の現実を確認した。



最終ロマンスカー
19時46分。


21時近くまである気がしていた。
まだ脱衣室で髪も濡れたままの私。
しかしもう乾かす時間はない。
一杯飲んでる時間なんか全くない。
慌ててフロントへ行く。



箱根湯本駅までは送迎バス。
乗れば5分で着く。
次の送迎バス発車は19時30分。
これに乗ればギリギリ間に合うか。
乗れた。




19時35分、箱根湯本駅着。
ツレが大急ぎで指定席券を買い
その間に、私は大急ぎで土産を買い
更に酒とツマミも忘れずに買い ←




19時46分発の最終ロマンスカーに
なんとか無事に乗車。








お疲れ様のビール。






















大涌谷で買った黒たまごで乾杯。




帰りの車内では
ゆで卵以外にも、土産屋で買った
かまぼこやチーズやスナック菓子も食べ
ビール以外にも
ハイボールやチューハイなども飲み
またろくでもない物ばかりで満腹に。
食事らしい食事、一度も無し。




21時20分頃、新宿駅到着。




いろいろ撮った写真は
全部保存しておくとキリがないので























いつものように、こんな感じで
1枚にまとめた。(あとは削除)




今回の日帰り旅は。
帰りのロマンスカーでも
次の日もその次の日もツレが
『箱根楽しかったね』
と言っていたのが印象的だった。
あまりそういう事を表現しない人なので。





次は日帰りで芦ノ湖に行こうね
と約束した。





さて。
無駄に長々続いた日帰り旅行記。
全部お付き合い下さった方、
どうもありがとうございました。








ぶらり気まま旅、其の四。



さて。
ロープウェイに乗って。





こちらに辿り着いた。






















初めての大涌谷!!
小涌谷じゃないよ!大涌谷だよう(喜)







記念撮影、其の一。














どや!着いたで!






記念撮影、其の二。























うぇーい!






大涌谷の名物と言えば。
一つ食べると寿命が五年延びるという
黒いゆで卵。







記念撮影、其の三。
























相変わらず荒稼ぎのキティ姐さんと。






黒ゆで卵、もちろん買ったのだけど
二人ともお腹が空いてなくて
その場では食べらレズ。
お土産にした。





ちなみに
土産物屋の前の椅子も



















黒ゆで卵だった。
可愛い。






ゆで卵はお土産にしたけど
こんなのは食べてみた。






















ご当地ソフト第二弾、
たまごソフトクリーム。
味はなんとなく卵 ←






こんなのもあった。





















手を清める泉。
これはやらねばならぬ。
穢れたこの手を清めなければならぬ。







挑戦者、其の一。




















淡々とやっているように見えるけど
実は泉から湧き出る飛沫が凄くて
服が濡れまくったツレ。





挑戦者、其の二。























服が濡れるのが嫌で
やたらへっぴり腰のワタクシ。
胴長は標準装備(哀)






とかなんとかやっているうちに
時刻は16時半。
ロープウェイの最終は17時。
混み始める前に下る事に。





さて。
この次の行き先が今回のラスト。





引っ張るほどではないその話は
其の五へ続く。






ぶらり気まま旅、其の三。



さて。
箱根湯本から登山電車に乗った。
終点の強羅までは約40分。




どこで降りる?
強羅まで行って強羅公園に行く?
天気良いから公園いいよね。
よし、決まりね。




決めた後は二人、
登山電車内で爆睡 ←景色とか見ないんかい




終点の強羅で下車。
したらば。




登山電車の改札を出るとすぐに
ケーブルカー乗り場がある。
で、もうすぐそのケーブルカーが
発車するというアナウンスが。




ケーブルカー。
それは憧れの響き ←




私は子供の頃から
何度も何度も何度も箱根に来ている。
理由は単純に、アクセスが便利だから。
新宿からロマンスカーで80分。




昔から乗り物酔いが超絶酷かった私は
新幹線も酔うくらいで
バスやケーブルカーなんて
乗る前から吐くくらいの恐怖で
絶対に乗れなかった。
唯一平気だったのがロマンスカー。
だから旅行と言えば箱根だった。
でも箱根湯本までは
ロマンスカーで来る事が出来ても
登山電車すらも酔ってしまうので
行ける場所はかなり限定されていた。





箱根は見所が多く、なかなかに広い。
箱根湯本という場所は旅の入り口。
山の麓に過ぎない。
山を登って箱根を堪能するには
登山電車、ケーブルカー、ロープウェイ
またはバスかタクシーか自家用車。
あるいは徒歩 ←




大人になってから
というか、車の免許を取ってから
乗り物酔いはかなり克服されてはいた。
なにしろ、乗り物酔い克服の為だけに
車の教習所に行ったのだから。
(今は完全にペーパー ←)




でも大人になってからも相変わらず
箱根に来て行く場所は
宮ノ下や小涌谷や彫刻の森くらい。
芦ノ湖も大涌谷も一度も行った事がなかった。




ケーブルカーに乗ってみたい!
強羅より上に行ってみたい!
























猫背の四十女、
箱根で初めてケーブルカーに乗るの巻。





大人になった私は
ケーブルカーには酔わなかった。
むしろ何故これに乗れなかったのか謎。
で、10分くらいでこちらに到着。



















ここは目的地じゃない。
ロープウェイ乗り換え駅。





わぁ!ロープウェイに乗ろうよ!





















ロープウェイきたー!!







乗ったー!






















高いー!






きゃー!























落ちたら死ぬー ←




時刻は15時半を過ぎていた。
ロープウェイの下りの最終は
17時らしい。
あまり時間はない。




さあ、一体何処に行けるのか?




外国人だらけのロープウェイに乗って
辿り着いた場所は?




大して面白くない其の四に続く。






ぶらり気まま旅、其の二。



さて。
13時37分。
箱根湯本駅に到着。




ロマンスカー内で
はしゃいでツマミを食べ過ぎて
二人ともお腹はいっぱい。
そして何処に行くのかまた決まらず。



歩きながら考えようと ←車中で考えとけ
腹ごなしも兼ねて
駅周辺の土産物屋を冷やかした。






旅の醍醐味と言えば食べ歩きでしょ?



















お土産に最適なラスクの店で
ラスクではなくチーズタルトを買った。
一つを二人で半分こ。
お腹いっぱいなのに美味しい。






旅の醍醐味と言えば
ご当地ソフトクリームでしょ?




















はちみつ屋さんのソフトクリームを
また半分こした。
はちみつソフトなのに
何故かメイプルシロップがかかってた。
美味しいけど甘ーい。





更に歩くと。























靴とカバンの専門店が。
箱根とどんな関係があるのかは謎。





店内に入ってみると
ツレの目の色が変わった ←





















ツレの大好きなスニーカーブランド、
『スピングルムーブ』の
スニーカーがいっぱい!





ツレ、この日一番のかぶりつき。




















見てる見てる。




職人のハンドメイドによる
純国産のこちらのスニーカーを
ツレは既に5足は持っている。
もちろん、この日も履いていた。
でもいつもネットで
メーカーに直接注文しているので
実物をあれこれ見比べる機会は少なく
もう目がキラキラ。




しかし、ここは箱根。
今日は電車の日帰り旅行。
靴とか買ってる場合じゃない。
見るだけに留めて店を出た。





さてさて。
土産物屋はもう充分。
時刻は14時半近く。
箱根湯本駅に戻る我ら。




とりあえず移動しようと

















登山電車に乗ることに。





さて。




何処へ行くのか。
何処で降りるのか?




大して面白くない続きは
其の三へ続く。








ぶらり気まま旅、其の一。



昨日今日と二人で連休。



どこかに行きたいね。
どこに行こうかね?



…というやり取りを
この数日、ずっと繰り返していて




ずっと繰り返していて
ずっと繰り返していて ←




当日、つまり
昨日の朝になっても全然決まらず、
ツレが朝ヨガに行って帰って来て
掃除して洗濯して
犬の散歩に行ってもまだ決まらず。
11時を過ぎてもまだまだ決まらず。




決まらないまま、とりあえず家を出て ←
駅に向かい始めたのが11時40分頃。
家から駅までは徒歩5分。
早く!
早く決めなければ!
駅に着いてしまう!
どこ!?
今日はどこに行くの!?




駅前まで来て
ツレの鶴の一声で決まった。




よし!箱根に行こう


というわけで、新宿に向かった。
途中スマホで
ロマンスカーの時刻表をチェック。
12時10分発がある!
ギリギリ間に合うか!?
着くなり二人でダッシュして
ロマンスカーの指定席券を買い
ホームで酒とツマミを買い込み





















新宿発12時10分のロマンスカーに
無事に乗車。
家出るの遅過ぎ。
決めるの遅過ぎ。
計画性無さ過ぎの日帰り旅がスタート。





ロマンスカーの旅と言えば。





ビール飲んでハイボール飲んで
更にスパークリングで乾杯。























昼酒イェーイ!





ホームの売店で買い込んだツマミ達を






















全て食べ尽くした。
結果的にこれが旅の昼食。






13時37分。
箱根湯本に着いた。
既に満腹、そこそこホロ酔い。




さて。




これから何処に行くのか? ←決めてない





…多分、其の二に続く
(多分、全然面白くない)








ギャラリー
  • とあるレズの酒事情、盛秋編。
  • とあるレズの酒事情、盛秋編。
  • とあるレズの酒事情、盛秋編。
  • とあるレズの酒事情、盛秋編。
  • とあるレズの酒事情、盛秋編。
  • とあるレズの酒事情、盛秋編。
  • ぶらり気まま旅、其の五。
  • ぶらり気まま旅、其の五。
  • ぶらり気まま旅、其の五。