胸の内

かなり失敗している。


おはよう、5月31日。




今日のアサカシ。


FullSizeRender


失敗ではないが、成功でもない
…みたいな味 ← 何様
要するに、
チョコミントはアイスにするに限る
という事でFA?
でも買っちゃうんだよな、
チョコミント味って。





さて。
5月も今日で終わる。




誰も彼もが口を揃えて言う、
1ヶ月あっという間だったとか
ついこの間がお正月だと思ったのにとか
そういう感覚が相変わらずよく分からない。




1日は1日の長さがあって
例え何もしなくても1日分であるし
1ヶ月は1ヶ月の長さがあって
1ヶ月分の様々な事があったと思うし
特に、冬が苦手な私は
お正月から春が来るまでは
毎日、指折り数えていたくらいだし。



でもこの手の話は
実際の実感がどうとか言う事でなく
こういう話で相手と共感し合いたいが為の
ツールに過ぎないのだろうから
ほんとですよね、
あっという間ですよね、と
返すべきなのだと分かっている。



ならばこのブログも
その為にやっているのだろうか?
誰かに、
そうですよね、私もそう思います、と
言われたいが為に?



…だとしたら私は
かなり失敗していると思われる  ←今更








とある偏屈レズのLGB論。



日本のとある女性有名人が
同性と同棲している事を
カミングアウトしたそうな。



個人的には、
カミングアウト内容よりも
そのお相手にびっくりした。
…なんだかね。なんなんだかね。





ま、その話はおいといて。




私は常々感じている事がある。
でもこれを言ったら、
私はまた多分嫌われると思う。
頭が固いと思われるだろう。
でもやっぱり私は感じている。





カミングアウトした有名人は
バイセクシャルだか
パンセクシャルだか…
なんだそうである。
同性を好きになってしまった葛藤とか
公に出来ない辛さとか
いろいろあるんでしょう。
だからカミングアウトしたんでしょう。
他のマイノリティ達にとって
勇気や希望にもなれば、と。




うん、うん。
その行動は素晴らしいと思う。
多分、肯定的な感想が多いだろう。




でもその前に。
ちょっと待て、と私は言いたい。




レズビアンとゲイは根は同じだけど
バイセクシャルとかパンセクシャルは
別物だと思う。




同性を好きになる、
という時点で一緒だから?
いや、違う。
違う違う、そうじゃ、そうじゃない。



同性を好きになってしまう
それと同時に、
異性を好きになれない
異性とセックスする事は苦痛で無理、
それがゲイとかレズビアンなのだと
私は思う。



過去に経験が有る無しでなく
肉体的に無理か可能かの話でなく
今の自分の感覚として。
自分の根っこの感覚として。




そういう意味ではむしろ
ゲイやレズビアンは
ストレートの人と同じだと思う。
ストレートの人は
同性と付き合ったり
セックスをしたりなんて
絶対無理だし気持ち悪いだろう。



私だって同じだ。
男性を恋愛対象としては好きになれない。



好きになるのに性別なんて関係ないよ
好きになるのに男も女も関係ないよ
性はグラデーションなんだよ



よく聞くけど。
多分、良い意味で言ってるんだろうけど。




いや、違うから。
そうじゃないから。
そういう話じゃないから。




…そういう意味で
世間的な風潮として



LとGとBを
一緒くたに語られると
非常にモヤモヤする。


  
というのが私の気持ち。
頭が固くてすみません。



バイセクシャルとか
パンセクシャルに否定的なのではなく
感覚的に、
LやGとはだいぶ違うと思うのに
十把一絡げ状態になっているのが
腑に落ちないと思う次第。
















正解は無い、という正解。



ウイスキーが好き、というと大抵、
カッコイイ、とか言われる。



どうなんだろう?
ていうか最近は
バーボンのソーダ割りばかり飲んでいて
ウイスキーが好きと言えるのか微妙。
いや、大好きなんだけど ←どっちだよ




苦手なお酒はマッコリ。
果実酒もあまり好きでないかも。
多分、甘い酒が苦手。





昨夜は久々に赤ワインを飲んだ。


FullSizeRender


私はワインの善し悪しについては
正直よくわからない。
だから安いのばかり買ってしまう。
そして、邪道なんだろうけど
赤も少し冷やして飲む方が好き。




でも、冷蔵庫で冷やしっぱなしは
不味くなる気がする。
安い居酒屋で赤ワインを頼むと
たいていこのパターンのが出てくる。
もちろん美味しくない。
あくまで、飲む直前に少し冷やしたい。




昨夜のワインは
お風呂に入っている間の40分くらい
冷凍庫で急冷した。
多分、間違ってるんだろうけど
すごく美味しかった。




正しいも間違ってるもない。
お酒くらい好きに飲めばいい、
と思うのに




自分はいつも間違っている気がする。
正解と言われているものに馴染めない。



…という考えに
とらわれ過ぎてしまい
正解に見えるものに引け目を感じる。
これが
私の人生においての全てな気がする。





もちろん、
人生には正解はない、という正解を
正しい人は解くだろうが。













薔薇が咲いていた頃を。


おはよう、5月18日。
少し寝苦しい一夜だった。





だけど
冬が苦手で夏が好きな私は
この夏の気配が嬉しい。





今年のように、春先から気温が高くて
桜の咲くのも早い年は、当然ながら
後に続いて咲き出すハナミズキも藤も
みんな咲き急ぐ。






薔薇も例外ではないようだ。


FullSizeRender


今年は既に、
もう終わりに近づいているような。
なんて早い。




私は花と記憶がいつも連動していて
去年の桜の時期はこうだったな
あの時はもうサルスベリが咲いていたな
…みたいに思い出す。



今の私の日常はとても平和だけれど
いつかきっと
あの年は薔薇が咲くのが早かったな、と
この平和で穏やかな日々を
懐かしむ事があるのかもしれない。





明日になれば
今日という日も過去の一つとして。








どうでもいい嘘のつき方。



おはよう、5月16日。




本日の朝カシ。


FullSizeRender


セブンイレブンの
チーズスフレとロールケーキ。
半分こずつ。
美味しかった。




昨夜は毎月恒例の飲み会だった。
かなり長いお付き合いな方々なのに今更
好きな異性のタイプみたいな話になって
またたくさん嘘をついてきた私。




ていうさかぁ、
なんで酒の席って、皆このネタ好きなの?




ちなみに、
どんなタイプが好きだと言ったかというと





最初からフレンドリーな人は胡散臭くて嫌。
第一印象は良くなくても
あとから良いところが見えてくる人。
周囲からちょっと浮いてる一匹狼系。
基本ツンデレ。



顔は、ちょっと頰がこけていて
笑うとシワっぽくなる感じ。
芸能人でいうと
売れまくる前の高橋一生とか
もう少し若かった頃の玉木宏とか
ユースケサンタマリアとか
藤木直人とか。



我ながら超リアリティあると思った。
まあ、嘘ではないし。
ツレもそんな感じだし。




嘘つき人生が長い私が思う、
上手い嘘をつくポイントは三つ。
必ず事実を混ぜる事。
事前にストーリーを組み立てておく事。
その情景を実際に想像しながら喋る事。






…おや?




ワンコちゃんが
何か言いたい事があるそうで。


FullSizeRender


…おっしゃる通りで。














ギャラリー
  • ミルキーとバーベキュー。
  • 手強いもの。
  • 薔薇とシュークリーム。
  • 薔薇とシュークリーム。
  • ヤマボウシの咲く頃。
  • 慢性中二病、未だ治らず。
  • 意味のない三択。
  • 仮面舞踏会よりも。
  • 深夜の淡い期待。