胸の内

アクリル板よりプリズムで。


おはよう、5月24日。
自粛ポリスって
DJポリスの仲間かと思ってた←無知にも程が




そんなわけでこんなわけで
私の数え間違いがなければ
昨日は、47日振りくらいの出勤だった。
10日前くらいから毎日胃が痛くて
胃薬と鎮痛薬を飲みまくり
日に日に情緒不安定感が増し
昨日の朝には胃が
でんぐり返って更にバク転してた←嘘言うな



まあ、出勤してしまえば
途端に通常運転になるわけだけど。
で、胃もみるみると回復した←単純過ぎ



誰でもそうだと思うけど
仕事では、仕事の顔と声になる。
それって私にとっては
演技に近い物があるのだけど
ずっとそれを演じていれば
その役自体も自分自身になるのだけど
ツレと自分しか無い生活だと
演技の必要がないので
素の状態だけが自分の全てになってしまう。




それはとても楽だし
幸せな事でもあるけれど、同時に
自分はなんて暗くてわがままで偏屈で
非生産的でつまらない人間なんだろう、
という気持ちにもなる。
仕事をしている自分が
多面体であるプリズムならば←大げさ
素の自分しかないと
ただの透明なアクリル板みたいな。
アクリルだけに
すぐに傷付いて劣化する。



苦手な人と話したり
時にやりたくない事もやったりして
不満や理不尽を感じたり
でもそれをやり遂げて
ささやかな達成感を感じたり
その度に知らない自分を見つけて
それが後に自信に繋がったりするわけで




ようするに
私が私を確立しながら
人生を積んでいくには
お金の事は元より
仕事が好きとか適正がどうとかでなく
やりたいとかやりたくないとかでなく
他人と一緒に働く事自体が必要なんだ、
と改めて思った次第←今さら
それが私のアフターコロナかな。
まあ、まだ全然アフターではないが。



で、今日は早速休み←早
あ、営業再開は明日からなのね。
昨日はその準備作業。
仕事あっての休みだな、と
しみじみする今朝。

FullSizeRender

ね。










季節は香る。


おはよう、4月28日。
休業21日目。



一昨日、会社の人からメールが来た。
当初、休業は5月6日までという話だったが
もう少し延びそうだ、との事。
まあ、そうなるべきだと思う。
あとは5月6日の世の中の状況と
政府の判断と
それに寄って、同業他社がどう出るか
…という事になるのだと思う。



ちなみに、
4月の交通費は定期代ではなく
出勤日数分の日割になるそう←そりゃそうだ
5月以降もずっと休業だとしても
基本給の最低7割は保証されるとの事。
それがいつまで保たれるのかは不明だが。



今のこのような状況で
どういう精神状態であるのが
『普通』なのか
『正しい』のか
あるいは『不謹慎』なのか
正直、よくわからない。



皆、いま何を考えているのだろうか。
どう過ごしているのだろうか。



でもそれを知ったところで何になるのか。



ああ、皆も私と一緒だ、と
安心したいのか?
私はこんなに恵まれている、と
後ろめたくなりたいのか?
この人よりはマシだ(何が?)と
優越感に浸りたいのか?



いずれにしても
感情や思考や状況を
人と比べる事に意味はない
という結論に至る。




私は生きるために生きているのだな、
と、わけのわからない事を思う。




最近、犬と散歩をしていると
とても良い匂いがする。

FullSizeRender

ジャスミンだ。



この3週間、私は
生産的な事は何一つしていなく
服は2パターン、下着と靴下は4セットを
洗濯を繰り返し、交互に着ているだけ。
季節のファッションとかメイクとか無縁。
仕事をしていないと曜日感覚も無くなる。
それでも花と空を見ると
時が過ぎていることが
季節が巡っていることがわかる。




あと白髪ね、
2ヶ月以上、美容院に行かないって
入院していた時以来だけど
あの頃は白髪は無かったしな(遠い目)
日に日に、えらいこっちゃ!
な頭になっているので
時間の経過を感じる、という。



…そんなオチかい(´∀`)









セルフ天国の中で。


おはよう、4月25日。
眉毛の描き方、まだ覚えているだろうか。




ツレは今日は残業決定。
6時30分くらいに出て行った。
帰りは20時過ぎくらいか。




で、今日の私の朝ごはん。

FullSizeRender

びっくりするほど変化なし。




昨日の夕飯はこんな。

FullSizeRender

豚肉とピーマンとキャベツの味噌炒め
ベーコン入りオムレツ
茹でインゲン一味マヨネーズ付き
もやしのナムル
白米
ビール
バーボン



ナムルは私が作って
それ以外はツレが作ってくれたのだけど
味噌炒めのボリュームが半端なくて
珍しく完食ならず。
残りはツレのお弁当になった。



休業生活も18日目。
毎日単調に過ごしている。
自分の病院と犬の病院に
それぞれ薬を貰いに行ったくらいで
基本、ツレと母以外の
誰にも会っていないのはもちろんの事、
メールやLINEさえも誰ともしていない。
知人や同僚が、この状況を
どう過ごしているのか全く知らない。
誰にも会わない事や
情報を追い過ぎない事で
こんなにも更に
穏やかに生きられるようになるとは
なんという皮肉だろうか。



話は少し逸れるが。
漫画家の西炯子が自伝エッセイの中で
書いていた文章を、時折思い出す。
以下、うろ覚えながらその内容。



自分の生活はセルフ刑務所のようだ
毎日、一人で漫画を描いて
時間になったら食事をして、寝るだけ
もし『楽しいですか』と聞かれたら
『楽しくはありません』
『だけど不満もありません』



読んだのは確か5、6年前。
私もこんなふうに在りたいと思った。
でも、これを読んだ後も
実際そうはなれていなかったと思う。



私にはツレがいて犬もいて
不満はない上に楽しくて
全然、セルフ刑務所なんかじゃなくて
このブログを客観的に見たらきっと
『良いご身分ですね』状態なわけで
むしろ今、セルフ天国なのだけど。



これまでも自分なりに
不要不急な物や人間関係は
処分してきたつもりだったけど
いま、この生活になってみて改めて
必要な物は、自分が思っている以上に
更に少ないのだと思った。
というか、
自分が処分するべきものは
もうそこじゃないような気がする。




強さとか賢さとか優しさとか美しさとか
何かを『持っている』人が
羨ましくて仕方の無い時期もあったけど
今は、それ以前に
このような世の中だからこそ
不満とか不安とか怒りとか嘆きとか
そういうものを『持たない』で過ごす事を
念頭において生きたいと思う。



…なんてな←


















見たことがないもの。


おはよう、4月12日。
寒い朝。



昨日の散歩は
代々木公園内に入れないので
公園脇を歩きながら
原宿方面に行ってみた。

IMG_4843

歩道橋から見た駅前周辺。
人はいないと言えば全然いないし
でも思ったよりはいるような。
それより車の少なさに驚く。



いま、地上も空も海も
世界的に交通量が減っているおかげで
CO2排出量も減っているんだとか。
でも事態が収束すれば
気候や環境よりも景気回復を優先させて
あらゆるものを加速させるだろうから
その時の反動を考えたら
これはそんなに喜べる状況ではないらしい。



例えば、
スタバがかなり臨時休業しているだけで
タピオカ屋が閑古鳥を鳴かせているおかげで
ほんの数分の為だけに消費され
直ぐゴミになるあのプラカップや
プラスチックストローの消費が
どれだけ抑えられているのだろうかと
想像するだけで少し嬉しくなる私は
不謹慎なのだろうか。
(注✴︎スタバはプラスチックストローは
いずれ全廃させるらしいが)



その一方で、
急に止まってしまった物流の裏で
どれだけのフードロスが起きているかを
鑑みれば、決して喜べるような状況ではない。




私は教養もないし頭も良くないし
綺麗事で考えがちな世間知らずなので
こういう事を言ったら
また多分笑われるのだろうけど
景気とか経済とか
利便性とか機能性とか
発達とか成長とか
そういうの、そんなに大事なのかな?
と思わないでもない。



でも私自身、
別に自給自足をしているわけでもなし
その豊かさに乗っかって生きているわけで
まあ、正に綺麗事なわけだけど。




このように

FullSizeRender

代々木公園は立ち入りだし
周辺の飲食店は休業しているか
またはテイクアウトのみになったりしている。
それらの残飯を日々の糧にしている
代々木公園のカラス達は
ご飯どうしているのかな、と思う。




皆が満ち足りて幸せに生きるのは
いかに難解なことであることか。





原宿門から見た国立代々木競技場。

IMG_4844

もちろん人の気配は全くない。
こんなに広くて大きくてピカピカな皮肉。





冬は青の洞窟イルミネーションとか
毎週末、様々なイベントをやっているNHK前。

FullSizeRender

ボーリングが出来そうだ。
やらないけど←当たり前
もちろん今年は
レインボープライドも中止だろう。
知らないけど←




誰も未だかつて見たことがない街を見て
たいていの物は
そんなに必要じゃない、と改めて思う。
例えば、私の仕事とかも。



生きていること自体が矛盾の連鎖。




昨夜はツレが夜勤で不在だったので
夕飯は実家にて母の手料理を食べた。
たけのこご飯だった。




街路はもうハナミズキが咲き始めている。

FullSizeRender

本当かどうかは定かではないが
イエスキリストが架かった十字架は
ハナミズキの木で出来ていたという。




いま、架けられるべきものはなんだろうか。








今年も変わらず金柑の実を。


おはよう、4月3日。
会社的に有給取得推奨のため、
昨日から意味もなく4連休。
いや、意味ないことはないが。



ほんの少し前までは、
常に人手不足で完全に売り手市場だった、
私の属する業界の求人事情。
まるでオセロのように
一気に全部がひっくり返されて
真っ黒になった。



少し前まで感じていた、
東日本大震災を思い出すような、とか
リーマンショックの時もこんなだった、とか
この視点においては
それすらも悠長な感覚だった。
消費社会の象徴のような職に就いている以上、
これは仕方のない展開なんだろう。




状況に合わせ、自分を変えていきながら
尚且つ、変わらず生きていくしかない。



閑話休題。



昨日はツレも休みだった。
天気も良かったので、午後から
実家の庭の金柑を採った(ツレがな←)

IMG_4760

頑張ってぇ☆←




収穫した金柑の実、
3分の2くらいの量を貰ってきた。
ついでに庭掃除もする事になり
帰宅後、ぐったりして昼寝する私(弱)
私より遙かに働いてくれたツレは
私が昼寝している間に
貰った金柑を甘露煮にしてくれた。





その金柑の甘露煮は

FullSizeRender

今年も私の朝ごはんになった。
金柑は種がいっぱいで食べ辛いし
生の皮の食感も苦手な私のために
毎年ツレが種を全部取り除いて
このように甘く煮てくれる。
母より母のような優しいツレだ。




あ、今朝のうりちゃん。

FullSizeRender

まるで人間のように窓辺でアンニュイ。




この先、いかなる状況になったとしても
私は自分史上、最高に幸せ者であることを
日々アップデートし続けるだろう。



ツレがいてくれさえすれば。









ギャラリー
  • アクリル板よりプリズムで。
  • 昨夜の彼女と今朝の犬。
  • 昨夜の彼女と今朝の犬。
  • 昨夜の彼女と今朝の犬。
  • 昨夜の彼女と今朝の犬。
  • フライング母の日2020。
  • フライング母の日2020。
  • フライング母の日2020。
  • フライング母の日2020。