音楽、映画、ドラマ、本

あたしの愛で太ったらいいのに。



20年くらい前、
いや、25年くらい前の
CHARAの曲に
『あたしなんで抱きしめたいんだろう?』
って曲がありまして。


YouTube貼った事ないから
これで観れるのかは謎。




ていうか、その歌が
特別好きなわけではないのだけど← え?




その歌の中に




『あたしの愛で太ったらいいのに』



『追いかけないで、
そうだったらいいのに』




っていう歌詞がありまして。





なんとなく、事あるごとに
その歌詞を思い出す私。




まあ、私のツレは
私の愛なんかはまるで関係なく
太ったり痩せたりしているわけですが ←










そして私もおっさんずロス。



出遅れた話題だけども。




おっさんずラブが終わってしまったようぅぅ!
これから一体なにを楽しみに生きていけば…



FullSizeRender


これ、二話で出て来たすごく好きなシーン。





何だかんだで主人公のはるたんは
幼馴染の女の子とくっつくのでは?
とか思いながら見ていたのだけど
まさかの春牧ハッピーエンド!
民放ドラマでこんなラストが成立するなんて!




ありがとうありがとうおめでとうぅぅ! ←




6話のラストから最終回の展開は
荒唐無稽過ぎてアレだけども
それもこのドラマらしくて良かったし
終盤の、はるたんからのプロポーズとか
最後、はるたんが牧を押し倒してのキスとか
もうキュンキュンしまくりだったよね!←




同性愛を扱ったドラマや映画って
奇をてらって茶化されているか
悲恋に美化され過ぎているか
あるいは救いがなさ過ぎで暗過ぎかで
正直、苦手なものが多いのだけど
このドラマは何にも当て嵌まらない感じが
素晴らしかったと思う。




セリフの中にも
ゲイとかホモとか
LBGTとかマイノリティとか
そういう用語が全然出てこなくて
男同士を否定する登場人物がいなくて
あくまで恋愛ドラマだったのが
まさにBLならぬ、おっさんずラブで
本当に素晴らしかったと思う ←誰だよ




あー




終わっちゃったよぅ 





また見返そうかな ←暇か




このドラマ人気で、2年前に出版された
田中圭の写真集が重版されているらしいよ!














大声を出したい日はないですか?




ハラワタの底から
大声を出したくなる時はありませんか?



ワタクシ、恥ずかしいので
あまり大きな声では言えませんが
ここだけの話、カラオケが好きです。




でも、皆んなとワイワイは苦手です。
人に聴かせるには下手すぎるし
他人と行くと、他の人が歌ってる時も
ノって見せないといけないじゃないですか。
アレが苦手です。
自分が歌いたいだけだから ←さいていか




たまに飲み仲間と
三次会くらいで行ったりもしますが
基本はツレと行きます。
そして、一人で行くのも楽しいです。





先日のヒトカラ。


FullSizeRender


レディースデイはルーム料金2時間無料。






今回のヒトカラでは
この歌を練習してみました ←何の為の練習か


FullSizeRender


ハマっていたドラマ、
『アンナチュラル』の主題歌。
好き過ぎです。




ワタクシ、
昔から妙なこだわりがありまして
小説家と歌手は
自分より年上を好みます。
単純に、自分より人生の先輩の言葉の方が
心に響いて入りやすいからです。





しかし、ワタクシも気づけば41歳。
とてもじゃありませんが
そんな事は言っていられない歳になりました。
仕事でも何でもそうですが
世の中も周囲も、
既に年下がたくさん活躍しておられます。




先に挙げた歌の歌手の男性も20代。
14歳くらい年下。
でもこの歌が好き過ぎる。
なので練習してきました ←だから何の為なのか




ちなみに。
先日のヒトカラで注文した生春巻きは


FullSizeRender


具の9割5分が水菜、
という生春巻きでした…。
とんだヘルシーだぜ。




最後に。
ワタクシがカラオケ好きなのは
ここだけの話。
くれぐれも、ここだけの話ですよう。







君に会えてよかった。



そこの貴方、
今期、どのドラマを観ていますか?



ワタクシは全力でこちらを推したい!



FullSizeRender


冴えない三十路男の主人公が
職場で男にモテまくるドラマ。
ボーイズラブじゃないんですよ!
おっさんずラブです。



ワタクシ、41歳にして
一人でドラマを観ていて
声を出して笑ったのは
このドラマが初めてです。



笑えて、
でもキュンとして切なくて
時々、深い。




吉田鋼太郎の素晴らしい乙女っぷりは
一先ず置いておくとして。




ワタクシ的ヒットは主演の田中圭。
今までまるで興味がなかった俳優さんですが
彼の演じる主人公が
めちゃくちゃ好きになりました。





あのねー
とにかくねー
今、第3話が終わったところ。
途中からでも絶対観た方がいいですYO!




…ちなみに。



スタート前は期待していたドラマ、
あなたには帰る家がなんちゃら、は
挫折しました。



ワタクシは二十代の時からずっと
自分は中◯美紀のファンなのだと
ずっとずっと思いこんでいたのだけど
それは過去の話で、
今の顔も演技も
もう全然好きじゃないなぁと
気付いてしまいました。




好きだ好きだと思い込んでいたものが
自分自身も、その対象自体も
時と共に変化を遂げ、結果、
いつの間にか全然好きじゃなくなってる。
そういう事って
人生の中で往々にしてありますよね!?




とにかく



おっさんずラブ、面白いよ!







素敵デート。



昨夜はツレと一緒に
とあるステージを観てきた。



才能溢れる人が
それ以上の努力と鍛錬を積み重ね
そして評価に値するだけのお金もかけて
表現するステージというのは
圧巻の一言だった。
何というか、
脳みその普段使ってない部分を
ゆり起こされる感じ。
強く揺さぶるのではなく
優しくゆり起こしてくるのだ。




私は芸術とか、とんと疎い人間だけど
たまにはお金をかけてでも
こういうものに触れるべきだと思った。




とかなんとか
ツレの奢りチケットで観たくせに
もっともらしい事をほざきつつ





我らの事であるから


FullSizeRender

開場後、開演前に飲んじゃうわけだけど。
ウインドウに映り込む、
ツレのモジャモジャ頭はご愛嬌。







帰りは二人で飲みに行った。
なんてたって給料日〜。


FullSizeRender


カウンター席って撮るの難しい ←知らんがな
手頃なお値段で美味しいお店だった。





素敵なステージ、素敵なお店、楽しい夜。





で、帰り道にコンビニに立ち寄り
デザートとアイスを買い込んで


FullSizeRender


今日のアサカシにした。
半分ずつ。
一緒に買ったプリンとアイスには
辿り着けなかったので今夜か明日の朝に。





そんなわけで今日は。
私は連休二日目、ツレは単休。
二人と二匹でのんびり過ごす予定。




ではまた。














ギャラリー
  • 彼女と犬とカッパちゃん。
  • 夏の夕餉と短過ぎる前髪の話。
  • 夏の夕餉と短過ぎる前髪の話。
  • とあるレズの7月17日。
  • とあるレズの7月17日。
  • とあるレズの7月17日。
  • お台場デート、其の二。
  • お台場デート、其の二。
  • お台場デート、其の二。