音楽、映画、ドラマ、本

タイムマシーンに乗って。


おはよう、6月13日。
梅雨入りしたらしい。
今日は休み。




本日の朝カシ。

FullSizeRender

成城石井で買ったやつ。
チョコとオレンジの組み合わせが
大好きなのでかなり好み。
もっとオレンジが強くてもいいな。





超どうでもいい話だけど
しかもあんまり大きな声では言えないけど
最近の私は
TM NETWORKの曲ばかり聴いている(恥)
で、お風呂に入る時は
YouTubeで過去のライブ動画ばかり観ている。



何を隠そう、
私が生まれて初めて生で観たライブは
TMなのだった。
30年前の真夏の東京ベイNKホール。
中1くらいか。



30年くらい前って
イカ天だか何だかも流行り
日本のロックというかポップスというか
そういうのを流す番組が
それはそれは沢山あった。
『eZ』とか『eZ a GO!GO!』とかね。
懐かしきエピックソニー。
大江千里、岡村靖幸、渡辺美里、etcな時代。
雑誌も『B PASS』『アリーナ37℃』などが
『明星』か『平凡』か、みたいな内容で(古)
ミュージシャン総アイドル状態だった。



で、当時の私は小室ファンだった(赤恥)
あのデジタルサウンドと
小室みつ子の歌詞の世界が好きだった。
ボーカルの宇都宮隆の事は
クネクネ踊るキザなオッさん(酷)
くらいにしか思っていなかった。



でもねえ。
今、TM全盛期の映像を観ると
ウツ(宇都宮隆の愛称ね)って
こんなカッコ良かったんだ!
こんなに妙な衣装で←褒めてるよ!
こんなに歌えて踊れる30代、凄くない!?
と度肝を抜かれる。
幼い私は何を観ていたのだ。



今の40代は
好きだったか嫌いだったかは別にしても
当時のTMネタはたいてい通じるので
最近、職場の同年代の方に
このTM熱の再燃と、ウツ絶賛話を語っては
失笑されている私。



ちなみに
ツレはTMが嫌いだったらしい。
商業的な音楽作りで
女にだらしない小室哲哉が
当時も今も嫌いらしい。
まあ、そういうのもよくわかる。



あ、1番好きな曲はね←聞いてない
『human system』←ファン以外に通じない



この曲を聴いていたあの頃の自分に
未来の自分の事を教えてあげたいな、
という気持ちになる。



音楽って、というか、歌って
聴くだけで一瞬にして過去に戻る事ができる。
まるでタイムマシーンのように。
ほろ苦い切なさと共に。





とあるレズの正しい休日。


こんばんは、5月28日。
今日は休み。
夜にブログを書くのは珍しい。
何故なら今夜はツレがいないから。




緊急事態宣言が一応解除されて
ツレは久々に実家に泊まりに行った。 
もちろん、遊びに行っているわけではなく
認知症のお母様を心配して。




私、43歳。
ツレ、49歳。
全然若くない我らの
その親は更に若くないわけで。
実家とか親とは
つまりそういう存在でもあるという事だ。




私は久々に、昨日まで3日連続で働き
何だかとにかく無性に疲れてしまった。
ただの老いたヘタレ。
今朝は7時になんとか起きて
ツレと一緒に朝カシを食べ
下らない話から、ちょっと深い話?もしたり。
その後、ツレが掃除をしてくれて
その間に私は洗濯物を干して
13時にツレは実家に出かけて行った。



その後、13時から15時まで
私は壊れた人形みたいに
いや、捨てられたぬいぐるみみたいに
部屋のそこらへんで転がっていた。
本を読む気力も、犬の散歩に行く元気も
まるで見当たらなかった。



15時から16時まで風呂に入った。
多分、軽く15回くらいは読み直している
村上春樹の昔のエッセイをお供に。

FullSizeRender

文庫の初版は昭和62年。
買ったのは確か15歳くらいの時だから
えーとえーと、平成3年くらい?
当時の価格は税込400円。
こんなに元を取ってる本も珍しい。



村上さんの小説と言えば
ドーナツ、コーヒー、パスタ、ビール…が
それはそれは魅力的に何度も出てくるが
このエッセイにはやたらと
豆腐とビーフカツレツが出てくる。
ビーフカツレツは一旦置いといて←
読んでるととにかく豆腐が食べたくなる。
私は食べ物の描写が素敵な文章が大好きだ。




16時に風呂から出た。
朝以降、何も食べていないので
それなりにお腹が空いていたけど
食べるのが面倒臭くて
とりあえず喉の渇きを癒すため
ツレが買置きして冷やしていたチューハイを
勝手に飲んだ←



その後、16時半から小一時間ほど
個人的ルーティンなストレッチをした。
やっている間に酔いが回ってきて
途中、ただ横になったりしていた。
健康なんだか不健康なんだか。
合間に、うりちゃんが遊びに来る。




17時半、犬のご飯の支度。
18時、まだ髪も乾きらぬうちに
また風呂に入り(←)本の続きを読んだ。



19時、あるもので適当に夕飯。
20時、バーボンを飲みながらブログ←今ここ

FullSizeRender

とにかくワイルドターキーが好きなのだ。




毎日こんな生活だったら最低だが
今日はれっきとした休日。
やはり私に仕事(というか会社勤め?)は
必要だと思う夜。






とあるレズの春の読書。


おはよう、4月30日。
速報、4月が終わるらしい←




今日は最近読んだ本の話。




まずはこちらから。

FullSizeRender

村上さんがお父さんの事を書いた本。
私には父がいないけれど
(まだ生きてるとは思うけど)
突き刺さる言葉がたくさんあった。
人の数だけ歴史がありルーツがある。
母に出会う前の私の父の人生を
少しだけ知りたくなった。少しだけ。
全然テイストは違うけど
『遠い太鼓』『村上朝日堂』あたりを
読み返したい気分にもなった。
私は村上さんの文章は
小説じゃない方が好きなんだと思う。




次。

FullSizeRender

また漫画かよ。
これはですね、
もう20年くらい前の漫画で久々に再読。
ハプスブルク家の悲劇の皇子、
ルドルフの話。
表紙からしてそれっぽいけど
ややBLテイスト。
連載時にリアルタイムで、どハマりし
帝劇の高いチケットをぴあで買って←時代
舞台『エリザベート』まで観に行った。
あ、ルドルフ皇子って
エリザベートの息子なので。
エリザベートって誰?とか聞かないで。
まだ今みたいにマッチョじゃなくて
美しかった頃の内野聖陽がトート役だった。
トートって誰?とか聞かないで←
ちなみにルドルフ役は井上芳雄で
エリザベート役は一路真輝。
あれ?
漫画の話じゃなくて
帝劇のエリザベートの話になっちゃった。






次。

FullSizeRender

私、こう見えて
禅に被れておりまして。
この手の本を定期的によく読む。
基本、どれも同じような事が書いてある。
でも毎回、感銘を受ける。
自分がどう生きたいか、
迷った時、悩んだ時、どうするべきか
その答えがいつもどこかに書いてある
…ような気がする。




1記事3つまで、と決めているので
まだまだ語りたい本があるけど
今回はこれにて!










休業九日目、其の二。


最近読んだ本の話。




まずはこちら。

FullSizeRender

おんだりくー!
『え?どうなるの?』
『どういう話なの?』
と、続きが気になって
サクサク読み進めたけど
読了後(私には)何も残らない話だった…。
ざっくり言うと、その夜を最後に
別れる男女の一夜の話なんだけど。
なんだろ?
どの台詞にもどちらの心情にも
まるで共感出来ないからかも。




次。

FullSizeRender

本ていうか漫画。
実家の私の部屋から発掘してきた。
20年以上前のやつかな。
作者はマイナーな方だと思うけど←失礼
私はすごく好き。
淡々としたストーリー、シュールな笑い。
全4巻読み返した。




次。

FullSizeRender

なんかウッカリ血迷って
Amazonで注文してしまった。
へー、ふーん、ほぉ、それは凄いですなぁ…
…みたいな←
綺麗で細くて美意識高い人はやはり
お菓子は食べず酒も飲まず
夜遅い時間には決して飲食せず
白米は食べず酵素玄米とか食べてて
オーガニック野菜とかキヌアとか食べてて
サプリとかコラーゲンとか飲んでて
ジム行ったり家でもエクササイズしたり
髪は毎晩トリートメントしたり
全身くまなくボディクリーム塗ったり
…みたいな、よくあるやつと
あとはスーパーモデルとしての紆余曲折の話。
こぉんな素晴らしい本は
是非、誰かにシェアしなければと思い←
速攻で売った。
めでたし。




他にもいろいろあるけど
一気に出すと長くなるので
小出しにしていこうかと←勿体ぶりたい
何しろ、休みはまだまだあるのでねぇ…





サウナかコストコか、という話(違)


こんにちは、3月14日。




本日の朝カシ。

FullSizeRender

先週、ツレが妹君とコストコに行って
お土産に買って来てくれたやつ。
超チョコ!超美味しい!←問われる語彙力
ちなみに私はコストコ未経験。
多分、コストコバージンのまま
この人生を終えると思う←大げさか




さて、今日は休みなのだけど
午前中は野暮用があり出かけて来た。
休みの日に朝から出かける事って
この私に限っては滅多にないので←
ちょっとウィンドウなショッピングとか
まあ、寄り道的な事を
たまにはして来ようかと思ったのだけど
あまりの寒さに速攻でバスに乗った←弱


FullSizeRender

やっぱりおうちが一番だYO!




あ、最近読んだ本←唐突か

IMG_4551

サウナー(サウナ好き人間をこう呼ぶ)の
端くれとしては読まずにいらレズ。
でも内容は男性向けかな。




ていうか、サウナというもの自体が
日本では男性主体のツールな気がする。
男性専用しかない施設も多い。
女性用があっても男性用より狭かったりする。
なんとゆう男女差別だ!
女子はたいてい、
『サウナって息苦しくって〜』
『水風呂なんて入れな〜い』
とか言う。
サウナのエクスタシーを知らないなんて!
水風呂というトリップを知らないなんて!
そこの貴女、
サウナバージンのまま人生を終えていいの!?



…と、
コストコバージンの私が言ってみたり。
なんのことやら。



あーサウナに行きたいよう!
でももう今日は寒くて外に出たくないよう!









ギャラリー
  • 今がすべて。
  • 今がすべて。
  • 今がすべて。
  • 右回りにしか進まない。
  • 2人と3匹の7月25日の朝。
  • 2人と3匹の7月25日の朝。
  • 2人と3匹の7月25日の朝。
  • 続・捨てゆく日々。
  • 続・捨てゆく日々。