日記

君が教えてくれたよね。



おはよう、4月9日。
本日、休み。
予定無し。
ツレは夜勤。





ソメイヨシノよりも大好きな
八重桜が満開だ。



FullSizeRender


ふわふわで可愛い。







この垂れ下がっている感じも好き。


FullSizeRender


花なのに実みたいだ。





生きていると
楽しい事や嬉しい事もあるのだと
教えてくれたのはツレだけど





四季の花や空がこんなに美しいものだと
教えてくれたのは犬だと思う。


IMG_0256


ありがとうね。
綺麗だね。


















春眠暁を、なんとやら。



こんにちは、4月8日。
今日は肌寒い。


FullSizeRender


沿道に咲く黄水仙と
どこかの犬からのお手紙を読むワンコちゃん。
なんてお返事書くのかな。




毎日ブログを書く、という習慣から外れると
何を書いていいのかわからなくなる。
習慣て大事だ。
そういえば最近、
ラジオ体操も全然していないし
ぶら下がり健康器も使ってないや。
駄目だコリャな私。




今までと同じようにしていては
今までと同じようにいかないのが
歳を取るという事なのだなぁと
思い知らされる今日この頃。
困ったものだ。




なんだか寝ても寝ても眠い。
春ですのぅ。












あの朝のレストランで。



と、いうわけで。
昨日は痛飲日…ではなくて通院日 ←
ツレも一緒に病院へ。



今回は当日に結果がわかる
簡単な検査しかしないので
検査してから診察の流れだった。



…だったのだけど。



私、診察の予約時間を勘違いしていて
やたら長い待ち時間を過ごす羽目に。
待合室に長時間いるのは疲れるため、
病院内のレストランで時間を潰す事に。


IMG_0380


ツレはコーヒーとケーキ。
私は紅茶。




この病院内レストランには思い出があって。




私は30代前半に入院生活を3回経験した。
病院の面会時間というのは
多分どこの病院でも14時から20時までで
でも当時のツレは
夕方6時に家を出て朝9時に帰宅するという
完全夜勤生活だった。
病院の面会時間には合わせられない。



だから
お見舞いは休みの日しか来られないよ
と、入院前にツレは必ず言うのだけど
実際は、ほぼ毎日お見舞いに来てくれた。
夜勤明けの朝、仕事帰りに。





朝は病室では面会が出来ないので
私がベッドから出られる状態の時は
このレストランの中で待ち合わせをした。
ツレはこのレストランでご飯を食べて
私は飲み物だけ頼んで
30分から1時間くらい過ごした。
で、ツレは私の洗濯物を持って帰宅、
私は病室に戻る。




入院中や治療中は
嫌な事だらけだった気がしてしまうけど
そんな事ばかりでもなかったな
嬉しい事もいろいろあったな、と
過ぎた今なら思える。



あの時と同じ窓際の席の向かいに
同じように座っているツレを見て




無性に懐かしくなった、
昨日はそんな日。








金柑と雪柳。



おはよう、4月5日。
今日は寒いらしい。


FullSizeRender


実家の庭のユキヤナギが満開を迎えている。
春に咲くのに、雪の柳という名を持ち
儚そうに春風に揺らされているようで
折れる事なく咲き続ける、
実はなかなかに強いこの花が私は好きだ。




実家の庭と言えば、金柑。
今年もたわわに実をつけていた。
今年、その収穫作業をしたのは
母ではなく私でもなく、ツレだった。





しかし、私は金柑が苦手。
苦味とか食感とか種がいっぱいなところが。
そんな私のために
ツレが金柑のワイン煮を作ってくれた。


FullSizeRender


で、こんな感じで
私の朝食の一部になっている。
種を全部取り除いてくれて
赤ワインでじっくり煮てくれた物を
ヨーグルトに入れると
金柑が苦手な私でも美味しく食べられる。




子供の頃から見ていた金柑の木。
私の苦手な金柑の実。
それを収穫して調理してくれるのが
もう祖母ではなく
母でもなく
ツレだという事に
年月の妙を感じずにはいられない。





さて。
今日は半年に一度の通院日。
千葉県北東部の最果てに行ってくる。
道中が長くて退屈だと愚痴っていたら
ツレも有休を取ってくれた。
一緒に行けば、それはデートになる。





ツレもまた、私のエンジェル。












空の色、花の色、紅の色。






暑さ寒さも彼岸まで




…かどうかはまだわからないが
とりあえず本日は暖かく晴天なり。


D404112B-6AAF-4D02-9874-5AF13623BE23


















水の中に白い絵の具を混ぜたような刹那の雲。






紫色の可愛い小さな花が咲いていた。


A7AF5E04-A12F-472E-867C-3AC6A439FC75


















見ただけで名前がわかるくらいなら
粋だと思うのだけど
残念ながらわからないので調べてみた。




ムラサキハナナというらしい。
花言葉は『聡明』『優秀』
是非ともあやかりたいものである。








ちなみにこれが


2AB207A1-F833-42DF-9AB7-7A71DC1127A8


















私の参考書。






今月は私の誕生日があって
思いがけない人からプレゼントを頂いた。


B850C259-8F08-4FD3-A417-26B687E32654


















ネーム入り口紅。
名前の部分、
モザイクかけるべきなのだろうけど
もう大したアクセス数ではないし
下の名前が知れたところで
それがどうなのか?
と思い、このまま載せてみる。
桜の花も彫ってある。
可愛い。





中身はこんな色だった。


AC4456F4-8BB2-4193-AC57-DEBDD9DA2929


















私が抱かれているイメージはいかに。




チワワを二匹連れて
青い空の下で、紫色の花を愛でている
ピンク色の口紅を塗った40過ぎの女がいたら
それは私かもしれぬので
どうかそっとしておいて頂きたい。




ま、そんな感じ ← 何が







ギャラリー
  • 猫背のレズはコレを背負う。
  • 猫背のレズはコレを背負う。
  • そして今日も右回りに。
  • そして今日も右回りに。
  • そして今日も右回りに。
  • あの街で貴方と銭湯へ。
  • あの街で貴方と銭湯へ。
  • とあるレズの酒事情、卯花月編。
  • とあるレズの酒事情、卯花月編。