真逆だった実家の影響だろうけど
私は元々、家の中に物を飾るのが大嫌いだ。
『素敵なインテリア』には興味がない。
マットとかラグとか、布系も苦手。
掃除の邪魔だし
それ自体を洗ったり交換したり
余計な手間が増えるだけにしか思えない。
そもそも、素敵に配置するセンスもない ←




だから、
そういう物は最初からないのだけど
いや、これは必要だ!と思っていた物も
本当に必要なのか?と疑い始めて
どんどん物を処分し始めたのが夏前。




テレビを捨てた事は本当に良かった。
あと、小さな物では
キッチンの水切りカゴとか洗い桶とか
バスタオルとかトイレの掃除用ブラシとか。



回収がまだ先なので
辛うじて家の中にあるけれど
この私の寝室のナイトテーブルも
処分する事にした。

FullSizeRender

ランプ、目覚まし時計、スマホの充電器、
それらを置くのに重宝していたのだけど
引き出しの中は大した物が入っていない。
そう、『引き出し』があると
何だかんだと『大した物じゃないもの』を
ついつい、とりあえず入れがちになる。
それが嫌なのと
これが無ければ掃除がもっと楽なので。




あと、大物もう一つ。

FullSizeRender

一緒に暮らし始めた時に買った
キッチンカウンター。
なので、15、6年は我が家にある。
前の住まいではこの中に
食器、カトラリー、酒(←)を入れてたけど
今の住まいには別に収納場所があるし
前ほど食器もグラスも酒ストックも無いので。
でもこれ、あると非常に便利で
いろいろ上に置けるし、しまえるし。
その便利さ故に
部屋がイマイチ片付かない気がして。
あと、掃除の邪魔なので。




とまあ、
いろいろ処分し続ける初秋。