今期のドラマは二つしか観なかった。



一つはもちろん『きのう何食べた?』
これはね、とにかく超話題作だし
キャストもそこそこハマってるし
まあ面白いんでしょう、そうでしょう。



でも私は段々、飽きてきちゃった ←
原作を好き過ぎるからかもしれない。
ドラマも最初は素晴らしい気がしたんだけど
いや実際、素晴らしいドラマだろうけど
何か違うんだよな ← 何様



原作はもっと、
そこかしこにシニカルな笑いと
敢えて描かない部分の空気感が
全体に漂っていると思うのだけど
ドラマは妙に感情を表現し過ぎというか
しんみりし過ぎというか
本来、クスっと笑うべきだったシーンも
マジな感じに仕上がっていて笑えない。




あと、料理が大事なドラマだけど
毎食、二人の食べる量が少な過ぎてビビる。
40代の男性ってこんだけで足りるの?
私でも足りないと思う ←
漫画では気にならなかったんだけど。



まあ、まだ全話観てないからアレだけども。




もう一つ観てたドラマはやはりコレ。

FullSizeRender

さすがのNHK、渾身の作
『腐女子、うっかりゲイに告る。』
あんまり期待しないで観たのだけど
観始めたら最終話まで釘付けだった。



『おっさんずラブ』以降も以前も
ゲイが出てくるドラマは沢山あったけど
どれとも違う気がした。



例えば
『きのう何食べた?』の二人にしても
『おっさんずラブ』の牧君にしても
『弟の夫』にしても
その他諸々のドラマの連中(←)にしても
ゲイの登場人物達は、色々悩みがありつつも
自分がゲイである、
ということはもう受け入れていて
それ以降に起きる人生の起伏の話なんだけど



『腐女子〜以下略』の主人公は
まだ高校生で
自分がゲイだということを
ちゃんと受け入れられていない状態で。



こんな自分だって
合う相手にさえ出会えれば
異性とセックス出来るのではないか
そうして結婚して子供も作って
女手一つで自分を育ててくれた大事な母を
安心させてあげられる、
そういう人生があるのではないか、と
もがいてもがいて、もがく。
自分を偽りながら。
周囲に透明な壁を作りながら。
その結果、
相手を傷付けたり自分を傷付けたり。

FullSizeRender
  
その葛藤、行い、挫折が
もう過去の自分に重なりまくってしまい。
リアルだ。
毎話、涙目で見ていた私 ←





ていうか、この主人公の男の子、
『おっさんずラブ』のマロ役の子じゃん!
私、マロも大好きだったよ!
全然違う役どころなのに
どっちも上手過ぎ!ハマり過ぎ!




終わり方もなんか良かった ←急にざっくり



まあ、このドラマも
原作漫画があるみたいなのだけど
私はこちらは未読なので
『きのう何食べた?』とは違って
先入観無しで観られたのも大きいと思うけど。



しかしとにかく、良いドラマであった。