おはよう、6月9日。
梅雨寒。



本日の朝カシ。

FullSizeRender

モンテールのチョコミントロール。
有り寄りの有り。




本日の独り言。


友達とか友達的な人とか仲間的な人とか
身内でも同僚でも上司でも部下でも
『この人のこういうところ好きだなぁ』とか
『この人のこういうところ嫌だな』とか
そういうのあるでしょう。
え?無い?
私は多々ある。
というか、たいていがそう。



その人の全てを好きになるって
なかなか難しいように
その人の全てを嫌いになるっていうのも
私には、これまたもっと難しい。
そもそも、その人の全てなんて
見る事も知る事も不可能なわけで。



ツレは、人付き合いに関して
本当に清々しいくらいハッキリしていて
『嫌いなら付き合わなければいいじゃん』
『どうでもよい相手の事は放っとけばいい』
…みたいなスタンスを見事に貫いている。
誠にアッパレで非常に憧れる。




私は、恋愛抜きにしても
『嫌いだけど好き』
『苦手だけど気になる』
『もう関わりたく無いけど元気な顔が見たい』
『好きだけど二度と会いたくない』
…みたいな、そういう相手が多過ぎる。
厨二病、かなり重症。




一度繋がった縁は
とても大事なのだろうけど
解けないように綺麗に固く結ぶ事が
私はいつも出来なくて
一度繋がると
解きたくなっても上手く解けなくて
解けないならば、と
鋭利な刃で断ち切ったつもりなのに
足元で絡まっていたり
逆に、断ち切った事を後悔したりしている。



鋭利な刃で切ったのは
縁ではなくて
相手の肉だったり
自分の指先だったりする。



その傷をいつまでもさすり続けているような。
放っておけば消えて無くなる傷なのに
時々、触ってしまうから
いつまでもいつまでも消えなくて
こんな梅雨寒の日には再び疼いたりする。



我ながら本当に馬鹿である ← てか何の話