突如、降って湧いた
プレミアムフライデー。



サイバーマンデーも
ブラックフライデーも
サマータイムも
現実的には無関係の私には
プレミアムフライデーも
全く関係がないと思っていた。




ていうか、ハッピーマンデー同様
私の業種はむしろ
プレミアムフライデーが盛り上がったら
忙しくなるだろうし。



ていうか、実際
15時に上がれる会社なんてあるの?
まったくお上の考える事は!!
…と思っていたわけだけど。




でも昨日は少しだけ
その恩恵を受けられた。
何故なら




近所の串揚げ屋が
プレミアムフライデー企画で
終日、串揚げ全品一本100円だったから!




しかも昨日は給料日!
行くしかないでしょ!





…と、まんまと乗せられた我ら。
ツレと落ち合い
その串揚げ屋に向かう。






















まずはビールでしょ!
串揚げ屋と言ったら
お代わり自由の生キャベツでしょ!
串揚げ屋と言えば、
キャベツも串揚げも
ソース二度付け禁止がデフォルトだけど
私は基本、キャベツも串揚げも
ソースをつけない ← 串揚げ屋来んな





揚げられているのを待つ間、
とりあえずで頼んだ茹で落花生。





















これ大好き。アテに最高。
煎った落花生とは違う美味しさ。





茹で落花生をつまんでいるうちに
頼んだ串揚げが運ばれて来た。
その中で私が一番美味しかったのは



















銀杏!  あと山芋!






そしてやっぱり



















キャベツ!
生キャベツ大好き!
こちら、お代わり3回目の生キャベツと
3杯目の焼酎ハイボール。




結局、美味しかったのは
生キャベツと落花生と銀杏と山芋
…という私。
偏食人間にも優しいのが串揚げ屋。




この店の店員さんの1人に
ぱっと見は、小柄な男子学生バイト?
…な子がいて、
私はその子に目が釘付けになった。
制服であるTシャツの胸は平ら、
耳にはピアスたくさん
髪は流行りの半分刈り上げ
ソバカスが可愛いつるつるの肌
発声も喋り方も体育会系男子っぽくて
元気がいい。
小さな手と小さな爪。
誰が見ても好感度大な可愛い小僧風。
…チェックし過ぎの私。




…でも多分、
この子は女の子だな、と思った。
彼女いるのかなぁ?とか
どんな子が好きなんだろう?
などなど、勝手な妄想をする私。
可愛い子だったなぁ…←ただの変態



居酒屋の若い店員さんには
こういうジェンダーレスな子が時々いて
そういう子は
特有の揺らぎの雰囲気を纏っていて
私はいつも目で追ってしまう ←やはり変態




ま、そんな話はさておき。





帰り道のコンビニでポテチを買い
家に帰ってからまた飲み直し ←
シメには卵かけご飯を食べた。




そんな私のプレミアムナイト ← は?