2016年02月

おじさんの本屋。



ヨガの帰りに何気なく本屋に寄った。



その本屋は昔からある小さな本屋だ。
メガネをかけた店主が
レジでいつも座って本を読んでいて
店内には『長時間の立ち読みお断り』
という貼り紙がしてあり
それでも立ち読みしていたら
ハタキを持った店主が
不機嫌そうに近寄ってくるような。



その本屋は
私が通っていた中学校の近くにあり
中学生だった私もよく
下校途中に立ち寄ったものだった。



この本屋の何よりの特徴は
とても小さな本屋なのに
みすず書房のハードカバーが多い。
そしてエロ本やエロ漫画がない。
店主のポリシーなんだろう。
ちなみに、みすず書房とは
哲学とか心理学系の本を
たくさん出している出版社だ。




自分はどうしてこんななのだ?
自分は一体、何に当てはまるのだ?
という責めばかりに囚われ飲まれて
その答えを探して生きていたその頃、
小難しくてよくわからない心理学本を
頑張って買っていた本屋だ。
買っただけで
何かがわかったような気になっていた。
でも実際は何もわからなかった。




もちろん、当時から大好きだった
少女漫画もたくさん買っていた。




その頃にレジにいつもいた
店主のおじさんが
なんと今日も同じように座っていた。
あれから何年だ?25年?四半世紀?
なのに変わらずそこにいた。



よく見ると
ジョンレノンみたいな長めの髪型は
今もそのままだったけど
髪は灰色になり
肌は色素が抜けたように白くなり
その顔のシワは深くなって
昔より痩せていた。
おじさんはおじいさんになっていた。




ふらっと入ってみただけなのに
何も買わずに出て行く事が
何だか申し訳なくなり
というか、自分でも惜しくなり
読みたかった物を二冊買った。
























もう小難しい本は買わない。
漫画とハルキ。
どっちも作品自体はもちろん
作者自身も好きだ。




というか最近は、何かを読んでいて
その向こう側にいるであろう
書き手を好きになれないと
どんな文章だって最後まで読めない。
好きか嫌いかは
いい人か嫌な奴か、の話ではない。



なんだっけか。
話を戻そう。




レジにその二冊を持っていくと
店主は静かな低い声で
『ありがとうございます』と言って
頭を下げてから
見事な手さばきで
二冊にカバーをかけてくれた。
その作業が本当に物凄く早かった。
なんだって続けたらプロになれるのだ。




最後にまた店主は
『どうもありがとうございました』
と言って頭を下げながら
本を渡してくれた。
その声が驚くほどに
昔と全く変わっていなくて
私は嬉しいような切ないような
恥ずかしいような
不思議な気持ちになった。



最近の私は
書籍類は某密林でばかり買っていて
本屋で買う事があまりなかったけれど
またこの本屋で買おうと思った。



だって、
二度と戻らないと思っていたこの土地に
私は結局、戻ってきたのだから
今のこの土地に楽しみを見つけたい。
本屋は変わらなくても
もうあの頃の私ではないのだから。



記念日って何。



リアルな知り合いの少しヤングな女子や
ブログなんかを見ていても皆、



『付き合った記念日』を
とても大事にしているらしい、
という事実に触れるたびに
違和感を感じる私。



年に一度ならまだしも
付き合って三か月記念日とか
付き合って四か月記念日とか
手帳のその日に可愛いマークとかつけて
毎月ケーキ買って
デートして
お祝いしたりしているらしく
付き合った記念日に入籍したカップルも
リアルで二組知っているけれど
最近、三組目も加わった。
オクサマがその日に拘ったらしい。
もう一組、毎月祝っていたのに
あっさり破局した二人も知っている。



なんてゆーか…




付き合った記念日ってなんだそりゃ。しかも毎月毎月って月命日かよ、めんどくせーな。




と思って彼女達の話を聞いている
極悪非道な私。




そんな事を言う私とツレには
もちろんその手の記念日は何もない。
ていうか、
付き合った記念日ってナニ?




『付き合おうよ』

『…コクン(ハァト)』



ていうやり取りみたいなのをした日?
何か契約でも交わした日なのか?
はじめて何かを致した日?
何が付き合った記念日なのか
よくわからないし
それゆえ
その二人の何がしかを想像してしまい
いささか気持ち悪い。



もちろん私も
そろそろ知り合って何年目だなぁ
とは思うのだけど
(付き合って、じゃなく知り合って)
それは1月半ばだった、という事だけで
その時の事を思い返しはするけど
いわゆるお祝いはした事はなくて
今年も特に何もせずに通過してしまった。



ツレに関して言えば
多分それすら思ってないし
気付いてもいないし
季節すら覚えていないらしい。
まあ、そういう人だから良かった。





恋愛絡みの共感出来ない話と言えば
例えば、恋人に貰ったプレゼントを
別れたら処分っていうのも
よくわからない。
物に何の罪があるんだ?





ちなみに私は前の彼女に貰った腕時計を
21年くらいたった今も使っている。
でも、一般的には
そーいうのは今付き合ってる相手に
失礼な行為なんだそうである。
なんじゃそりゃ?
そんなのを気にする奴は
こちらから願い下げだ。


 

そういう細かい事が





ああ、女ってめんどくせー




としか思えない。
私はやっぱり女が苦手だ。
こんなんだから友達が出来ない。
カワイソウなヅーレー。
これ読んでる人はたいていそう思うだろう。




でもこんな私でも、
金婚式とか銀婚式はちょっと憧れる。
25年目と50年目は、無事に生きていたら
我らも何かお祝いでもしようかと思う。



問題は、それが二人とも
何月何日だかわからない、という事。




まあね、
毎日が記念日なんだけど ← 無理やり





































そしてまたパクチー。



昨夜のお酒はこちら。























エライジャ・クレイグのソーダ割り。
美味しい美味しい、あー美味しい。




さて、昨夜は前振り通り
パクチー食べました。





一品目。
























パクチーとルッコラと
パセリと赤ピーマンのサラダ。
主張し合う葉っぱ達。
かかってる粉はパルメザンチーズ。




二品目。
























豆とキャベツのサラダ、茹で卵のせ。
パセリ盛り過ぎ。
赤いのは赤ピーマン。
これはクミンを効かせました。
豆はキドニーとひよこ豆とあと何か ←
実際はこの倍作ったんですが
美味しくて結局ぜんぶ食べちゃいました。




三品目。
























イカゲソと赤ピーマンとキャベツの
ナンプラー炒め。
サラダに使ったパクチーとルッコラの
茎も使いました。
鷹の爪も入れてスパイシーに。




ここまでの全貌。
























毎度ながら酒だけが既に減っている件。





ワタクシがこのようにせっかく
ヘルシーなメニューを拵えたというのに
ツレはこのあと
お菓子を食べていました。
ワタクシももちろん頂きました ← は?




というわけで
今夜はおとなしく禁酒です。





ニャンニャンでパクチリアンな女。



もう終わりましたが
2月22日は、にゃんにゃんにゃんの日
なんだそうです。



なにそれ?下ネタ?
つまりヤる日ですか? ← おい
わざわざそんな日があるなんて
日本てどんだけ平和ボケなの?



…と思った私はもちろん昭和の女です。
ニャンニャン☆ ←馬鹿
ニャンニャンと言えば高部知子…
元気でしょうか。
このネタがわかる貴方も
ズバリかなり昭和な人ですね?




あ、にゃんにゃんにゃんの日は
猫の日なんだそうです。
平和ボケなのは私の頭の中でした。
はいはい、どーもすみません。





馬鹿で平和で下品な私は
今日も溶岩ヨガに行ってきました。
なんだか楽しいです。
それに伴い
ヨギーニのツレと共通の話題が増えて
嬉しい私です。
ええ、常に恋する乙女ですからね ←



ところで、
そのヨガスタジオの向かいには
コールドプレスジュース店があります。
ビーツとなんちゃらのジュースとか
ケールのサラダとか売ってます。
阿呆みたいに高いです。
馬鹿じゃないの?
馬鹿ちゃいまんなら、阿呆ですね?
と言いたくなるくらい高いです。
言いませんけど ← 言ってるけど



なにこの出来過ぎなシチュエーション。
ヨギーニとコールドプレスジュース。
洒落乙過ぎて悪寒がしそうです。
もちろん馬鹿な私は飲んでましたよ、昔
コールドプレスジュース!
コールドプレスなジューサーを買って。



え?そのジューサーどうしたかって?
かれこれ5年位前に
ダンシャリしてやりましたよ。
ダンシャリも流行ってましたからね。
流行りに乗ってお金と資源の無駄遣いを
してやりましたよ。
ごめんなさいですよ、ええ。
誰より馬鹿なのは私です、はい。




話を戻しまして
そのコールドプレスジュース店を
横目に見ながら、スーパーに寄って
























見切り品の野菜を買って来ました。
またパクチーと
ルッコラとパセリと赤ピーマン。





今夜もパクチーを食べる予定です。
世では、パクチー好きを
パクチリアンと呼ぶそうな。
そうよ、私はパクチリアンな女。




ニャンニャンからの
コールドプレスジュースからの
ダンシャリからの
ヨギーニからの
パクチリアンの
私ですことよ。
洒落乙だろーうぅ? 
(スギちゃんどこいった?)




というわけで、ではまた。
ニャンニャン☆


下品ですみません。






パクチーから異国へ。



昨日の夜は久々にデートでした。
私は仕事、ツレは休みで
夜に待ち合わせ。






まずご飯。























ていうか、まず酒。
私はスパークリングワイン
ツレはラフロイグのソーダ割り。




この店、私は二度目なのですが
絶対ツレを連れて来たかったのです。
何故ならこの店、


























パクチー料理の専門店だから!
ちょっと見て下さいよ
ポテトサラダだってパクチー山盛り。






大根サラダだって























パクチー増し増し。
なにこれ、まいう。




何を頼んでもどこかに必ずパクチーが。
ああ、夢のよう。
パクチーって高いから
なかなかこんなにふんだんに使えない。




全部を撮ると馬鹿ブロガー丸出しなので
後の撮影は控えましたが 
( ↑ 馬鹿丸出しは手遅れだけど)
オムレツ頼んでも
デザートのアイスを頼んでも
全てにパクチーが使われていました。
なにこの店!
しかも料理もお酒も全てお手頃価格。
素敵にも程がある。パクチーラブ。
もし結婚するなら
パクチーみたいな人がいい ←意味不明
とにかくアイラブパクチー
アイウォントパクチー
アイミスパクチー
今すぐキスミー ← それはリンドバーグ




パクチーの店では二人とも
軽く三杯程度にしておき





この店の後はカラオケに行きました。
リンドバーグは歌いません。
カラオケでは安ウイスキーのボトルを
二人で一本開けました。





私のリクエストでツレには





























これを歌ってもらいました。
あー暗い。暗過ぎて大好きな曲です。
これが歌えるツレが好きです(ハァト)
エレーンも歌って貰いました!
これがすぐに歌えるツレが凄過ぎです。
もしも結婚するなら
異国とエレーンが歌える人がいい ←は?
良かったね私!
大抵の人にはわからない話ですみません。





ちなみにエレーンとは






































こんな歌。
暗。




さて、今日は休みです。
これからヨガに行ってきます。
ではまた後ほど。




ギャラリー
  • 自分の事を信じたい。
  • 落ち込む日々。
  • 落ち込む日々。
  • レズ以前の問題点。
  • 緑薫るボートDEデート。
  • 緑薫るボートDEデート。
  • 緑薫るボートDEデート。
  • 緑薫るボートDEデート。
  • 緑薫るボートDEデート。