2015年02月

変わっていくもの。



梅が咲いた。



























桃も咲いた。



























ハクモクレンの蕾も
























こんなに大きくなった。






菜の花も伸びてきて
























その土に降りていた霜柱は
もうどこにもいない。




いつだって冬は苦手で
早く春にならないかなって
そればかりを願っていたけど
今年の冬は
こんなにも早く終わっていくのかと
なんだか切ない。



この地に越してきて丸11年。
12回目の春が来る。




ずっとここにいたかったけど
良いことも悪いことも
人も花も何もかも
ずっと同じでなんかいられないのだ。


























大きな私と小さなワンコちゃん。




ずっと同じではいられないけど
それまではどうか
どうか
ずっと見ていることができますように。



変わらないものが変わっていく事を。
変わっていくものが
ずっとそこにあり続ける事を。















ある女の一生



裸のヤマモミジの枝にミノムシをみつけた。
























これが雄なのか雌なのか
もちろん私にはわからない。



ミノムシについては
毎冬 書いているような気がするけれど
また書く。



雌のミノムシの一生は壮絶だ。
脳はもちろんない。
目もないから何も見ていない。
消化器がないので
何も食べることもない。
その身体の殆どが生殖器。
雄のように孵化して飛ぶこともなく
ただ、ミノを被って枝に摑まりながら
雄が受精しに来てくれるのを待ち
身籠って
たくさん生んで
最後は何かに喰われて死んでいく。



生めるならまだ本望で
その前に枝から落ちたりして
そのまま死んでしまうこともある。



生き物の摂理を嘆いたり憐れんだり
また、嫌ったり憧れたりして
勝手に意味付けする事は
人間の都合に過ぎないと思うのだけど
やっぱり
ミノムシの雌には生まれたくない
と正直なところ思う。



だけどミノムシは、彼女は
嘆いたりなどしないのだろう。
何も見えないし何も知らないのだから。



他を見るから、無駄に考えるから
もっと良い在り方があると
自分を責めたり
あるいは
自分はまだマシだとか思う。



ミノムシの方が
幾万倍も一生を生きているのだろう。



なんて



私はまた
ミノムシと自分とさえも
比べているのだ。



考えないで生きる事は
考え過ぎて生きるより
遥かに遥かに難しい。











白い馬を買った。



昨夜のお酒はこちら。

























先週、ウイスキーを切らした時に
マツキヨで貯まったポイントで買った。
970円くらいだった。



なんていうか、やはり若い味がする。
角が立っているような← 知ったか風
でも、妙なまったり感もある。
まったり系はお湯割りが好きなので
これもお湯割りにしてみた。
正解。美味しい。



わざわざリピートはしないと思うけど
手軽に気軽に買えるウイスキーとして
私の中では使える一本ということで
記憶に留めておこうと思う。



…って、誰トークですかコレ。


最後は初詣。



二人と二匹のドライブで向かったのは

























成田山新勝寺。
二月も半ばを過ぎたけど
ようやく初詣、というところ。





成田山は
寺院だけでなく公園にもなっていて


























早咲きの梅が咲いていたり







坂を下って行くと
























静かに佇む池があったりする。






いろいろと道草ばかり食う私を

























置き去りにして進むツレ。
この辺から段々と晴れてきた。







晴天の下、記念撮影をしようと
カメラを向けると

























何故かドヤ顔になるワンコちゃんズ。






二人でおみくじを引いてみると

























私は『大吉』
何やら良い事ばっかり書いてある。
ツレは『吉』
なるほど、無難な事ばかり書いてある。






段々とお腹が空いてきた私。
下りの階段を駆け下りて参道を目指し

























最初から飲もうと決めていた
美味しい甘酒を買ってもらった。






そんな最後のドライブでした。
次はレンタカーで来れるかな。







さよならドライブ



ツレは車を手放す事にした。
仕事も辞める。



ツレは通勤もお出かけも買い物も
何でも車で行動する。
車を持たなくなる彼女を
私はうまく想像できない。



でも、もう車は必要なくなるし
必要ない物を維持する経済力もない。


最後に車で遠出しようね、と
ずっと話していて


続きを読む
ギャラリー
  • とあるレズのサラダ事情。
  • とあるレズのサラダ事情。
  • とあるレズのサラダ事情。
  • とあるレズのサラダ事情。
  • とあるレズのサラダ事情。
  • とあるレズのサラダ事情。
  • とあるレズのサラダ事情。
  • 貴方を迎えに。
  • 貴方を迎えに。