酒をこよなく愛する女と女。
2人と犬2匹の日々の戯言。

毎日の光景。



ツレは冬になると焼き芋を食べる。



さつま芋をオーブントースターで
20〜30分焼き続けると勝手に出来る。

























こんな仕上がり。
甘い香りが漂う。



それを食べている光景。


























犬、大注目 (O_O)


ツレの足元のセンスが異常な件は今更。
































にじり寄られているの図。





食べている物が
焼き芋でも林檎でも同じく
食べている人が
私でもツレでも同じく



毎日の光景。




バニラ風雲児



真夜中のアイスは




























横綱のこちらを






























ダークラムがけ。





うーん。
これは。
ヤバス。
まじでヤバスな美味しさです。



横綱だけど一筋縄じゃいかない。
そう、例えていうなら
朝青龍?



角界では認められません的な
禁断の美味しさ。




それがハーゲンダッツバニラの
マイヤーズラムがけ。



…なぜ相撲?












パンの種入りアイス


今日のアイスはこちら。
























ラムレーズン。
期間限定だったとは知らなんだ。
かなりラムが効いてます。
お酒飲めない人は厳しいかも。































中もそれなりにレーズンが。
レーズン嫌いな人も厳しいかも。
…ていうかレーズン嫌いな人がわざわざ
これを食べる事なんかないでしょうが。



かくいう私は
子供の頃はレーズンが嫌いだった。
嫌いというか
食べ物じゃないと思っていた。


いわゆる、ぶどうパンてありますね?
子供の頃の私は
レーズンはパンの種だと信じていた。



なので
スイカの種をほじくるように
ぶどうパンからレーズンを
ほじくりまくってから食べていた。



大人に
種じゃないよ、食べれるんだよ
と言われても、それは
リスがひまわりの種を食べるのと同じ
私は種は食べないの!と
必死に避けていた愚かだった幼い私。



小学生になって
給食にぶどうパンが出まくって
皆がそれを普通に食べているのを見て
いつしか
レーズンはパンの種じゃないと悟った。


それでもずっと
レーズンは大嫌いだったのに
こんな私も大人になり
食べられるようになった。



という。
超どうでもいい私とレーズンの黒歴史。



今もただのレーズンは
そこまで好きじゃないけど



ラムレーズンのアイスは大好きです!



でもこれ
かなり好みが分かれると思う。
好きな人は大好きだろうし
苦手な人は絶対選ばない。



実力はある。
実力はかなりあるのに。



例えていうなら、そう、
バニラが千代の富士なら
このラムレーズンは寺尾。
実力はあるのに
アイスの世界では横綱にはなれない。
関脇止まり。
だけどコアなファンには大人気。
ラムレーズンは
ハーゲンダッツ界の寺尾である。



…なぜ、関取に例えるのか?
という疑問はさておき。
なぜ、例えの力士がやたら古いのか?
それもさておき。



アイスの道は修羅の道。
レーズンはパンの種に非ず。



という事で
今日のアイスの時間を終えたいと思います。




ギャラリー
  • 自分の事を信じたい。
  • 落ち込む日々。
  • 落ち込む日々。
  • レズ以前の問題点。
  • 緑薫るボートDEデート。
  • 緑薫るボートDEデート。
  • 緑薫るボートDEデート。
  • 緑薫るボートDEデート。
  • 緑薫るボートDEデート。